読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バーゲンを比較に比較し「厳選」した1つの商品です

おすすめ
放射能の問題がニュースとなった時に気になっていた本でした。玄米はそのままだと消化が悪く消化不良を起こし意味がなくなるのでどうすればいいか思案していましたが本を読んで解決しました。チェルノブイリとの違いは海藻や玄米などの日本食があったこと。

これっ♪

2017年01月30日 ランキング上位商品↑

バーゲン【バーゲン本】【送料無料】放射能の毒出し!「玄米・味噌・海藻」レシピ【バーゲンブック】

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

玄米に含まれるフィチン酸食物繊維!ミネラルや!海藻のヨードと食物繊維!味噌(熟成期間の長いものが良いそうです)の放射能排出力は素晴らしく!広島で被爆した医師が実践していた食事なのだそうです。不思議な味です。いろいろ参考になるレシピがいっぱいありますが、味噌汁ヨーグルトは美味しいのかしら?という感じです。巻末のQ&Aを読んでいて、子供の頃、親から‘雨は身体に毒なので、あたってはいけない’と教えられたことを思い出しました。皆さん!!色々読んだり聞いたりして放射能などから自分を守りましょう。普通の食生活にとり入れるなら良い食事が載せられています。皆さんのレビューを参考に読んでみたくて注文しましたが!カラーで4頁にわたり!その雑誌よりも詳しく載っていて嬉しくなりました。定価657円(税抜)バーゲン328円(税抜)長崎原爆で有名な秋月医師と奥さまの特集が最初に4P載っています。1980年を最後に大気中での実験は行われていないそうですけれど!忘れないようにしたいと思っています。ちょっと勇気がいるかも……。基本の日本食です。今回2冊買ってしまいました。中○産は少し気が引けてしまいます。国産の海藻がもっと手ごろな値段になってくれると嬉しいですね。季節にあった野菜を、どんどん取り入れて、ヘルシーで身体にやさしいレシピを目指します。玄米、味噌、海藻は放射能を排出してくれるのだそうです。とてもお買い得に購入出来て良かったです。全ページフルカラー薄めで読みやすく、きれいなお写真や絵図が最初から最後まで載っていて、放射能関係のお話もあります。1冊は友人にプレゼントです^^ネットなどでも知られた情報ですがテキストとして保管しておくのも良いです。玄米にはすごく興味があるので!この本を見て!色々挑戦してみたいです。今回は自分用とプレゼント用にリピしました。長崎で原爆を生き延びた医師と看護婦さんのお話から始まり!冷静に「排泄の医学」を紹介して!玄米食ほか!いろいろな楽しいレシピが載っている本でした。(それでない物を販売している方ごめんなさい)味噌は近々自分で作る予定で大豆!麹菌を購入しています。トンデモ本です。バーゲンだったので、購入。人間の生命力は凄い!改めて感じる本でした。、長崎で原爆被曝したにもかかわらず長生きされてるお医者さんの奥様の体験談やちょっと変わったレシピまで日本食の毒だしレシピが満載でした。やはり私もバーゲン本の中から見つけましたが!定価でも惜しくない内容の本でしたね。ただし!昔ながらの粗塩や天日塩を使って作った梅干しに限ります。味噌も基本の3種類が載ってますが、選び方の拘りが納得できました。マクロビオティックから反映されたメニューで、実際高い放射能を浴びながらも、大きな健康被害なく長生きされた先生夫婦のご本です。圧力釜で玄米を炊いて美味しく戴いてますが、酵素玄米にも興味がありましたが、それも紹介されてました。楽天ブックスで【バーゲン本】コーナーを見つけ、『放射能の毒出し!「玄米・味噌・海藻」レシピ』 が目に付き、インターネットのうわさがどこまで本当か?という言葉も気になり、定価 657円(税別)が328円(税別 送料込み)、これなら安いし安全のために知っておいて損はないかと興味本位での購入でした。いくら体によくてもヨーグルト味噌汁はチャレンジしたくないですが・・(笑)[] バーゲンでいい本が購入出来てよかったです。玄米!味噌!海藻に緑茶をいろいろに工夫したレシピも私のレパートリーを広げてくれそうで!大変気に入ってます。医師である背景もあり!被爆地の現実を目の当たりにしながら食べることを大事にされたご様子で!当時から塩気の濃さとか!極陰性の放射能には陽性の力を取り入れようと!そして戦災の中のあるもので出来ることをして!それを続けたことなど!立証されたお話が書いてあって!ちょっと買ってみただけでしたが!自分の普段の生活にも活用性の高い大満足な内容の本でした。放射能が身近な脅威となりました。66頁の薄めの本ですが中身が充実してますし、作りやすいお料理の紹介ばかりで良い内容でした。被曝当時は今から思えばかかなりの放射線量だっただろうけどそれらを食べるしかなかったが90歳以上も生きられ!93歳の奥様は今なおお元気とのこと。この本には食べにくいと言われる玄米の炊き方!玄米酵素ご飯などのいろいろな食べ方!レシピが写真でわかりやすく載っています。もう15年以上前になりますが、秋月辰一郎医師が紹介された雑誌があり大切に持ってます。時間のある時に、さらり〜と一読出来る本ですね。普段から玄米食でお肉を食べない家族がいるため!現実味があるレシピ集なのがよかったです。ここ数か月は三分精米(玄米の手前)で米を食べてましたが!また玄米に戻します。。ヨーグルト味噌汁!試しました。発酵食品も大好きですから、購入して良かったです。このような内容に騙されてはいけないという点では!かなりいい教育であると思います。☆放射能には梅干しもいいんです。定価で買ったとしても損しない内容でした。安く購入出来て良かったです。放射能だけでなく一般的にも毒出しは役立つと思います。発酵食品同士の相性は良いということは以前より知ってはいたものの!ヨーグルトと味噌は考えもしませんでした。当時は大気圏内での核実験が普通に行われていた時代でしたから、フォールアウト(放射性降下物)という言葉は覚えていませんが、雨降りを恨めしく思った記憶があります。本当にシンプルです。この本は!生きていく上で!毎日の食生活が!どれほど大切かを教えてくれる一冊です。いつまでも元気な身体を保ってくれそうです。自分で防ぐことのできることがあるならしておきたいです。玄米は栄養たっぷりだし甘味もあります。長崎原爆の放射線障害をはね返した「玄米と海藻の味噌汁」の食事の体験は、日本人として生きるDNAに刻まれたものを呼び覚まし、後押ししてくれます。